『食料新聞』(食料新聞社)に掲載されました!

『食料新聞』(食料新聞社)の2012.7.30号に掲載されました!

 

先日行われた

五味商店株式会社主催「第9回 こだわり商品展示会」での様子です。

 

セブン&アイホールディングス伊藤雅俊名誉会長に、

だしソムリエ協会のブースを訪れていただき

代表・Makiが五味商店寺谷社長とご紹介いただいています。

 

◎「伊藤名誉会長 だしに共感」◎

 

伊藤会長は

セブン-イレブン・ジャパン第一号店を1974年にオープンさせたお方です。

イトーヨーカ堂グループでは「同業他社より顧客に視線を向けろ」が合言葉であるといわれます。

 

「だし」と「調味料」の違いへのこだわり、

だしソムリエ協会の取り組みなどを紹介させていただきました。

ありがとうございます。

 

伊藤会長の言葉…

「母と兄は、私にとって商人の鑑であり、師であり、商人の道、人の道を教えられた。
逆境で苦労に苦労を重ねてきた母は、『お客様は来てくださらないもの』
『お取引先は売ってくださらないもの』『銀行は貸してくださらないもの』、
それが商売の基本だと教えてくれた。
だからこそ、一番大切なのは信用であり、信用の担保は、お金や物ではなく、
人間としての誠実さ、真面目さ、そして何より真摯であること、ということだった。」

たしかに他社よりお客様を大事にする、というのは一番の基本かもしれません。心にしみました。

何より真摯であること。誠実であること。

そんな伊藤会長に、だしソムリエ協会の紹介をさせていただきました…!

そして、こんな機会をいただけたのは、五味商店の寺谷社長のおかげです。

ありがとうございました。

 

クリックして拡大してご覧くださいませ。