第1期 だしソムリエジュニア(初級)25名が誕生しました。

この日は総勢24名(1名当日欠席)の方に参加いただきました。
80%以上の正答率が検定合格基準でしたが、見事に全員が合格されました。

参加していただいたのは、
料理研究家、フードコーディネーターの方、飲食店経営者の方、
メーカー勤務の方、漢方やハーブを勉強されている方、
会社員・OLの方、など。実にさまざまな方に参加いただきました。

まずは、今後の検定の進み方を紹介しました。

昆布、煮干し、かつお節、干し椎茸の4種の和だし素材をブラインドテイスティングしていただきました。
使用しているのは、ワイングラスです!

グループワークが中心で、
みなさん感想を話し合ったりしてわきあいあいと進めていきます。

男性の方も24人中6名と積極参加していただきました。

ブラインドテイスティング終了後は
それぞれのだし素材が登場。
本物を見てさわって香りをかいでみます。

管理栄養士で、だしソムリエ協会アドバイザーの金丸絵里加先生(左)も登場。

最後には、一番だしと二番だし、煮干しだしをとる実演をしました。

煮干しを昆布といっしょに煮出す様子です。

一番だしをとり、こし布でだしをとっている様子。

最後までみなで感想を話し合いわきあいあいと進んでいきました。
写真撮影自由なので、たくさんの方が撮影を。

最後に、アンケートをとらせていただいた
皆さんの感想を抜粋してご紹介いたします。

◎だしを学ぶ上での基盤になる知識を固めることができました。中級、上級と
ステップアップしだしソムリエの普及に貢献できるようになりたいです!

◎だしに対する価値観が変わり、だしってすごく贅沢なものだったんだなと感じました。
これから自分での料理を作る際にはもちろん、外食するときにも意識するようになると
確信しています。すごくおもしろかったです。

◎改めて1番、2番だしを飲み比べたりブラインドだしテイスティングではっきりと
味、うまみの違いがわかりおもしろくとしてとてもおいしかったです。
今後日々の生活に役立てたいと思います。中級もぜひ受講したいと思います。

◎かつお節も昆布も量をケチらずに温度管理をすればおいしいだしがとれることが
よくわかりました。これを機に普通の生活に取り入れられたらいいですね。

◎だしは種類によってまったく味じや香りが違うことを知れて勉強になりました。
製造工程を知ることで、もっと日々大事に食材を使いたいなという気持ちになりました。
そしてだしをとるのは意外と簡単だとわかったのでおいしくだしを使った料理を
日々取り入れていきたいです。使い分けとか組み合わせとか今日教えていただいたことを
ベースに楽しみたいとおもいました。

◎だしのとり方などは事前に把握していましたが、栄養分や素材選びのコツなど
新しい発見がありました。
昆布やかつおのとり方がだしの味に影響するのかなどもっと知りたいと思います。

◎「だし」について勉強するには良い入り口になったと思います。
おだしを比較することなんて日常ではないので、おもしろかったです。

◎体系的なカリキュラムになっていて理解しやすかったです。
専門的な内容も多く含まれており受講してよかった、と感じました。

次回は9月4日(日)を予定してます。
次は、あなたの番です!!