サービス案内

【だしソムリエ検定・料理講座】

日本で唯一、「だし」に特化した検定講座と料理講座です。

だしソムリエ検定講座

3級~1級まで分かれ、だしとは?だしの基本を知り、料理に生かせるセンスを養います。
3級と2級では日本の「乾物だし」を中心に学び、1級では第一線で働くプロの料理人による「だしと料理」を学びます。



だしと料理講座

第一線で働く料理人による講座です。実際に店舗で開催し厨房の中がのぞけることも。
「だし」のテイスティングの上、料理への落とし込みを学びます。
「日本料理とだし」「フランス料理とだし」「イタリア料理とだし」「中国料理とだし」があります。


【認定講師養成コース】

「だし」に関するプロフェッショナルを育成します。


「だしソムリエ1級」まで合格してから受講できます。
養成コースで学び経験することで、さらに見識を高め、自身で「だしソムリエ3級」講座を開催したり、名乗ってのイベント・講座の開催などに役立てることができます。



【レシピ開発】

「だし」を軸にした心豊かになるレシピ提案をします。

だしソムリエ協会では、「だし」「地域性」を大切にしたレシピの開発サービスを承っております。
見えにくい、わかりにくい「だし」を前面に出して強調することで、同じレシピでも印象や見方が変わる。心が豊かになる…そんなお手伝いができたらと思っております。
代表の鵜飼真妃ほか、全国の認定講師ネットワークを活用し、地域に根付いたレシピづくりを目指します。

料金

担当 料金
◎だしソムリエ協会認定講師
◎代表・鵜飼真妃
貴社規定に準じ、ご相談に応じます。

(注)3品以上から承ります。

現在、対応が可能な認定講師がいるのは、
北海道・青森・仙台・山形・長野・茨城・東京・神奈川・埼玉・静岡・愛知・岐阜・大阪・徳島・広島・福岡・熊本・宮崎・沖縄です。(2016年10月現在)


【商品開発・推奨商品プロデュース】

「だし」「素材」を大切にした商品開発のお手伝いをします。

法人会員になっていただくと、御社の商品は「協会の推奨商品」として売り出すことができます。
だしソムリエ協会では、「だし」を軸に、だし素材、だし調味料など、カテゴリー分けをした商品の推奨をしています。ご興味のある方はお問い合わせをください。


「だしソムリエ協会・推奨商品」のカテゴリー分け

平成28年12月改訂

カテゴリー 詳細部門 対象 補足
赤 色 【1】
だし/だし素材
(味つけなし)
(1)だし素材パック 「だし素材のパック」 だし素材のみのパック。
(2)粉末だし素材 だし素材が粉末状になったもの。 粉末状になっているもの。
(3)だし素材 「節(ふし)類」、「煮干魚類」「昆布類」「乾しいたけ類」「干し野菜」などの乾物類。 「生野菜」「精肉」「鮮魚・魚介類」等の生鮮は、推奨対象からは除外する。
(4)だし 液体の「だし」。
和洋中問わない。
天然素材から、うまみを抽出した液体(冷凍含む)。
オ レ ン ジ 色 【2】
だし調味料
(味つけあり)
(1)だし調味料パック だし素材のみでなく、調味料が入っただしパック。 厳選された素材の塩・粉末醤油・砂糖類が入ったパック。
(2)粉末だし調味料 粉末だし素材に、塩・醤油などで味付けしたもの。 特になし。
(3)固形、ペースト状 固形、ペースト状のだし利用食品。 特になし。
(4)つゆ だし+調味料で仕上げたもの。 特になし。
(5)ドレッシング、その他加工商品 だし+調味料で仕上げたもの。 すきやき・しゃぶしゃぶのたれ、ぽん酢など含む。
桃 色 【3】
「だし関連商品」(味つけあり)
(1)加工食品 だし/だし素材をベースにした加工食品。 佃煮、ふりかけ、昆布巻など。
(2)即席食品 だし素材が、食材や麺などと一体化したもの。 即席スープ、フリーズドライ味噌汁、インスタントラーメン、炊き込みご飯の素、カレー等
(3)菓子類 だし素材の粉末、ペーストなどを利用した商品。 おせんべい、ポテトチップスなど。
茶 色 【4】
「だし調理器具」
  鍋、ポット、濾し器、濾し布、その他各種厨房機器  


「だしソムリエ協会推奨商品」①既存商品編

だしソムリエ協会推奨商品の目的

①食文化における「だし」に関して、農産物・水産物(乾物・鮮魚含む)・畜産物など
 “だし素材”から得られたものを正当に評価し推奨することを目的とします。
②「だし素材」をベースに高品質な調味料で味付けされた「つゆ」「ドレッシング」
 「ぽん酢」等加工食品を推奨します。
③「だし」に関連する商品(鍋、ポットなど)を評価します。

【1】推奨審査は、以下の手順で行います。審査には1か月ほどの期間を要します。
  • (1)法人会員登録していただきます
    (会社規模によって法人会員年会費が異なります)
  • (2)商品のエントリーに必要な書類を提出。
  • (3)審査料のお振込み(下記参照)
  • (4)審査商品と規格書(メーカー希望小売価格含む)を協会へ発送、原材料など推奨基準に沿っているか審査します。
  • (5)推奨商品として認められたら「シール」「推奨証(別料金)」を送付。希望するシール枚数を振込頂きます。
  • (6)推奨商品として、HPなどで訴求市場で販売開始。


【2】審査料、商品貼付シール代、他について
項目 料金 補足
審査料 1品に付き 5,000 円(税別) エントリー数によって割引あり。
シール貼付の場合の料金

① シール1枚につき5円(税別) 
② シール1枚につきメーカー希望小売価格の0.6%。

★基本的に最小ロットは 1,000 枚から受付けいたします(エントリー商品数によっては 購入枚数のご相談に乗ります)
★別途シール印刷代を実費で頂きます。

① か②を選択。(①は希望小売価格 830 円以上、②は 830 円以下が適当)

(参考)印刷費
1 万枚印刷…25,000 円(税別)
5,000 枚印刷…15,000 円(税別)

パッケージに印刷の場合の料金 ① 印刷1枚につき5円 (税別)
② 印刷1枚につきメーカー希望小売価格の0.6%。
・①か②を選択。(①は希望小売価格 830 円以上、②は 830 円以下が適当)
・印刷枚数を報告し決定。
推奨証 20,000円(税別) 推奨商品であることを証明する証書。


「だしソムリエ協会推奨商品」②新規の商品開発編

だしソムリエ協会推奨商品・新規の商品開発の目的

① 食文化における「だし」に関して、農産物・水産物(乾物・鮮魚含む)・畜産物など
 “だし素材”から作られる商品開発のお手伝いをします。
② 「だし素材」をベースに高品質な調味料で味付けされた「つゆ」「ドレッシング」
 「ぽん酢」等加工食品の商品開発のお手伝いをします。
③ 「だし」に関連する商品(鍋、ポットなど)開発をお手伝いします。

【1】商品開発は、以下の手順で行います。
  • (1)法人会員登録していただきます
    (会社規模によって法人会員年会費が異なります)
  • (2) 商品開発のお打ち合わせ(回数は異なります)。
  • (3)新規商品の決定
  • (4) 推奨商品として認められたら「推奨証」「ロゴデータ」を送付。希望するシールの枚数を振込頂きます。
  • (5) 推奨商品として、HPなどで訴求市場で販売開始。


【2】審査料、ライセンス料、他について
項目 料金 補足
コンサルティング料 ご相談  
ライセンス料

売上額のパーセンテージ

掛け率は都度協議により決定。

その他の協力内容 別途ご相談と協議にて決定。 代表鵜飼とのコラボ商品など

上記「推奨商品」の内容をダウンロード(PDF)


【講演・イベントなど】

「だし」「食」「ものの見方・考え方」などに関する講演を承ります。

「だしを知ること」は、「感性を磨くこと」です。
なぜなら、「だし」は見えにくいものだから。そこに焦点を当てて、改めて価値を知ることで、「だから、おいしいんだな」「だしが変われば、こんな風に仕上がりが変わるんだな」ということが実感できます。

そして「感性を磨く」ことにより、さまざまなことにアンテナを張り、研ぎ澄まされ、色んなことに気づけるようになります。
そんなことを軸に、「だし」「食」「ものの見方・考え方」などについて、全国のだしソムリエ協会認定講師が講演を承ります。
代表の鵜飼真妃に関しましては、さらに、「ものの発想のしかた」「ものごとの始め方」などについても講演を承ります。


「だし」の試飲をしながら、一味違った料理講座・イベントを展開します。

だしソムリエ協会認定講師による、料理講座やイベント講師のお仕事を承ります。
一般的に料理教室では、はしょられがちな「だしのとり方」。そこにあえてスポットライトを当て、「だし」「調味料」「具材」がどのように相乗効果をもって「お料理」になっていくのかを分かりやすく伝えます。

料金

担当 料金
◎だしソムリエ協会認定講師
◎代表・鵜飼真妃
貴社規定に準じ、ご相談に応じます。

現在、対応が可能な認定講師がいるのは、
北海道・青森・仙台・山形・長野・茨城・東京・神奈川・埼玉・静岡・愛知・岐阜・大阪・徳島・広島・福岡・熊本・宮崎・沖縄です。(2016年10月現在)


【メディア出演・出版・記事執筆】

「だし」「料理」「地方の食文化」に関する、テレビ番組、Web番組などの出演、出版・記事執筆のお手伝いをします。

メディア出演

テレビやWeb番組のゲスト、コメンテーター、料理担当ゲストなどの出演依頼を承ります。
全国のだしソムリエが地元のメディアに出演いたします。

出版

・「だし」についての本やレシピ本の監修
・レシピ本の執筆
・企画もの、ムック本、他社様とのコラボなども歓迎します。

記事執筆

雑誌やWeb媒体での「だし」「食」関連記事の執筆など。

料金

担当 料金
◎だしソムリエ協会認定講師
◎代表・鵜飼真妃
貴社規定に準じ、ご相談に応じます。

現在、対応が可能な認定講師がいるのは、
北海道・青森・仙台・山形・長野・茨城・東京・神奈川・埼玉・静岡・愛知・岐阜・大阪・徳島・広島・福岡・熊本・宮崎・沖縄です。(2016年10月現在)